DNA超らせん(DNA supercoil)

DNAの複製や転写においては、二本鎖DNAの一部が巻き戻され一本鎖になる必要があるが、長いDNAは末端が固定化されていると見なせるので、この巻き戻しによって二本鎖部分がさらに巻かれた状態になる。このように二重螺旋を形成する二本鎖DNAが自身の螺旋軸の周りで捻じれ、二本鎖DNAがさらにコイル状になった構造をDNA超らせんと呼ぶ。DNAスーパーコイルとも。*1*2

DNA超らせんができると、一度ほどいたDNAを再び巻き戻そうとする張力が発生する。トポイソメラーゼSmac5/6複合体?などはこの張力を解消するように働く。

*1化学から見たDNAの基礎 遺伝子情報の複製・伝達のための優れた分子構造 九州工業大学応用化学科 教授 竹中繁織: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakyoshi/66/2/66_84/_pdf/-char/ja
*2科学技術振興機構報 DNAの複製メカニズムに新たな発見: https://www.jst.go.jp/pr/info/info789/index.html

DNA超らせんに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-25 (土) 12:45:04