健康用語WEB事典

E型肝炎ウイルス(hepatitis E virus : HEV)

肝炎ウイルスのひとつ。豚や猪、鹿の筋肉内臓をに存在する。

我が国では2003年4月の兵庫県における野生シカ肉の生食を原因とするE型肝炎ウイルス食中毒事例が、特定の食品の摂食とE型急性肝炎?発症との間の直接的な因果関係を確認した最初の事例となりました。また、英科学誌「Journal of General Virology」2003年9月号掲載の報告では、北海道で市販されていた生豚レバーの一部からE型肝炎ウイルスの遺伝子が検出され、加熱不十分な豚レバーから人への感染の可能性も示唆されています。*1

このウイルスによって引き起こされる症状は腹痛、発熱倦怠感悪心嘔吐食欲不振黄疸など。A型肝炎ウイルスと同じくエンベロープを持たず、A型肝炎ウイルス感染と似た症状が現れる。

潜伏期間は平均40日。妊婦の重症率および死亡率が高いとされる。*2

*1お肉はよく焼いて食べよう |厚生労働省: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049964.html
*2E型肝炎について|愛知県衛生研究所: http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/67f/hev.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


E型肝炎ウイルスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-01-17 (水) 08:33:03