E-カドヘリン(E-cadherin)

カドヘリンのひとつ。リステリア腸管感染する際に利用される。L-CAMとも。*1*2

細胞内ドメインβ-カテニンと相互作用する。*3

*1福岡大学 理学部 機能生物科学研究室 細胞接着分子: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/adhmol.htm
*2細胞内寄生菌感染症と免疫応答 光山正雄(京都大学大学院医学研究科・感染・免疫学教授): http://www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol30/01/30_080_090.pdf
*3miR-9は乳癌においてE-cadherinの発現を抑制し、癌転移を促進する - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2010/20101015_01.html

E-カドヘリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2019-02-21 (木) 18:23:07