健康用語WEB事典

E-セレクチン(E-selectin)

セレクチンのひとつ。炎症時など活性化した血管内皮細胞発現し、P-セレクチンと同様に白血球の表面に存在するリガンド分子との結合を介して炎症・出部位への活性化T細胞白血球浸潤・集積に重要。*1

リガンドとしてPSGL-1が同定されている。また、CD43はE-セレクチン結合能を有し、マウスにおいてはPSGL-1とともに活性化T細胞炎症皮膚へのE-セレクチン依存的な浸潤を媒介することが報告されている。*2

*1星薬科大学学術情報リポジトリ P-セレクチンとそのリガンド分子による血液細胞間の相互作用: https://stella.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=124&item_no=1&page_id=13&block_id=21
*2大阪大学大学院医学系研究科 感染免疫医学講座 免疫動態学 松本真典: http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/orgctl/www/member/matsumoto.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


E-セレクチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-01 (金) 13:42:49