EGFR(epidermal growth factor receptor)

上皮成長因子EGF)の受容体上皮成長因子受容体上皮増殖因子受容体HER1とも。

受容体型チロシンキナーゼ細胞膜上に存在し、外部からのシグナルを受け取ると活性化(リン酸化)し、増殖シグナルを細胞内に伝達する。*1

その後、活性化したEGFRは細胞内に取り込まれ、初期エンドソーム早期エンドソーム)、後期エンドソームを経てリソソームへ運ばれて分解される。この処理が正常に行われないと、がんを引き起こすとされる。*2

EGFRはがん細胞の表面に多く存在しており、EGFRを構成するチロシンキナーゼ部位の遺伝子変異があると、がん細胞の増殖が促進される。*3

上皮成長因子受容体(EGFR)は細胞の表面に存在していて、がん細胞が増殖するための信号のような役割を果たしているタンパク質で、このEGFRの遺伝子変異があると、がん細胞を増殖させるスイッチが常にオンとなり、発がんにつながります。分子標的薬イレッサ」は変異型EGFRの働きを抑えることで抗がん作用を示します。*4

*1日本緩和医療薬学雑誌 上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)ゲフィチニブに関する最新の知見: http://jpps.umin.jp/issue/magazine/pdf/0304_02.pdf
*2細胞増殖に重要な EGF 受容体の細胞内輸送メカニズムを明らかにした 癌細胞の増殖抑制への応用に期待: http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20110119_sci.pdf
*3北海道大学 前立腺がん増殖制御の新たな分子メカニズムを解明: https://www.hokudai.ac.jp/news/171013_pr.pdf
*4中央公論新社 中川恵一 知れば怖くない 本当のがんの話

EGFRに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-25 (月) 10:17:38