健康用語WEB事典

EPR効果(permeability and retention effect)

がん組織炎症部位の血管内皮細胞間には200nm程度の隙間があり、ここに100nm程度のサイズに制御された微粒子製剤を選択的に集積させることができる。これを利用したDDS。1986年に発見された。*1*2

タグ: 腫瘍 がん 血管 薬剤

*1ナノ純薬による抗癌剤の開発 ~副作用の無い次世代ドラッグデリバリーを目指して~ — 京都大学: https://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2012/120906_1.htm
*2バイオダイナミックス研究所・熊本大学(医学)・大阪大学(医学)・東北大学 前田浩 EPR効果の発見とその展開: https://www.jstage.jst.go.jp/article/dds/33/2/33_80/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


EPR効果に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-03-07 (日) 07:49:57