健康用語WEB事典

ERAP1(endoplasmic reticulum aminopeptidase 1)

小胞体アミノペプチダーゼERAP)のひとつであるロイシンアミノペプチダーゼ脂肪細胞由来ロイシンアミノペプチダーゼA-LAP)とも。アミノ酸鎖の長さが9~16のペプチドに作用する。*1

アンジオテンシンⅡの分解活性を持ち、その活性は小胞体内腔でERp44ジスルフィド結合することで制御される。これは血圧の制御に関わるとされる。*2

強直性脊椎炎ベーチェット病乾癬のリスク因子。

タグ: 酵素 小胞体

*1多機能性酵素としての小胞体アミノペプチダーゼ——ERAP研究の20年——: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2019.910666/data/index.html
*2小胞体内腔タンパク質が血圧制御に重要な役割を果たす | 理化学研究所: https://www.riken.jp/press/2015/20150508_1/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ERAP1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2020-11-06 (金) 10:09:13