FICZ(6-formylindolo[3,2-b]carbazole)

紫外線を浴びることでトリプトファンから生成される化合物ケラチノサイトにおいて、アリル炭化水素受容体AhR)を介してフィラグリン産生を促進する。*1*2

また、AhR非依存的に創傷時にMEK/ERK経路を活性化し、表皮細胞遊走を増強して創傷治癒を顕著に促進することが報告されている。*3

*1KAKEN 新規モデルマウスを用いた母乳性黄疸発症メカニズムの解明とその応用: https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24890224/24890224seika.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 内因性AhRリガンドのアトピー性皮膚炎への効果 (KAKENHI-PROJECT-15K09770): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K09770/
*3KAKEN — 研究課題をさがす | AhR内因性リガンドの皮膚における役割の解明 (KAKENHI-PROJECT-15K10942): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K10942/

FICZに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-07-22 (月) 07:02:07