健康用語WEB事典

Fc受容体(fragment crystallizable receptor : FcR)

免疫細胞発現する、抗体Fc領域と結合する受容体Fcレセプターとも呼ばれる。*1

Fcレセプター(FcR)は,免疫複合体を認識し,エフェクター細胞の活性化あるいは抑制を行うことで生体防御系を調節する重要な分子群である.*2

病原体IgGが結合していると、食細胞はFc受容体を使って効率よく貪食できる(オプソニン作用)。*3

*1筑波大学 人間総合科学研究科 分子情報・生体統御医学専攻 免疫学研究室 Fcα/μレセプターについて: http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/immunology/research_3.htm
*2東北大学加齢医学研究所 教授 高井俊行 「Fc受容体を介する生体防御システムの解析」: http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/sh_heisei7/pdf/pdf-02_seitai/seitai-06.PDF
*3大阪大学 微生物病研究所 -病気のバイオサイエンス-: http://www.biken.osaka-u.ac.jp/biken/BioScience/page16/index_16.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


Fc受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:13