Foxp3(Forkhead-Box-Protein P3)

制御性T細胞の発生や分化、機能に関わる遺伝子

この遺伝子突然変異自己免疫疾患アレルギー疾患の原因となる。例えば、この遺伝子突然変異によって制御性T細胞の発生が阻害されるとIPEX?X染色体連鎖免疫制御異常多発性内分泌障害消化器病?)が引き起こされる。*1*2

*1制御性T細胞は何をつたえているのか 大阪大学: http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/storyz/special_issue/tsutaeru/201312_special_issue01
*2免疫を抑制する細胞を増やす腸内細菌を発見-炎症性腸疾患やアレルギー疾患の予防・治療への新たな可能性-: http://www.jst.go.jp/pr/announce/20101224-2/index.html

Foxp3に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-03-28 (木) 10:57:06