GABAトランスアミナーゼ(GABA transaminase : GABA-T)

GABAγ-アミノ酪酸)を分解し、コハク酸セミアルデヒドを生成するトランスアミナーゼ

GABA作動性神経やその支配を受けている非GABA作動性神経内やグリア細胞にも存在する。*1

GABAトランスアミナーゼの種類

アミノ基受容体の異なるピルビン酸依存型(GABA-TP?)とα-ケトグルタル酸依存型(GABA-TK?)の2種類が存在し、動物ではGABA-TK?が、植物ではGABA-TP?が主要な働きをしていると考えられている。*2

*1名城大学薬学部 薬品作用学研究室 アセチルコリン、アミノ酸・ペプチド系神経伝達物質: http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/09jugyou/6.%20aminosan.pdf
*2小池悟志 GABAアミノ基転移酵素に着目したトマト果実におけるGABA代謝機構の解明: https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=83&item_id=30629&item_no=1

GABAトランスアミナーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-10-12 (土) 10:55:53