GABAA受容体(GABAA receptor)

抑制性神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸GABA)をリガンドとする受容体中枢神経抑制性シナプス発現する。*1

5つのサブユニットから構成されるイオンチャネルであり、その伝達速度は速い。γ-アミノ酪酸が結合すると、開いて塩化物イオンを通す。

の広範囲に分布し、様々な機能に関与することが知られている。

GABAA受容体は,脳幹毛様体辺縁系海馬小脳脊髄大脳皮質辺縁系など広範囲に存在し,種々の生理機能に関与することから睡眠誘発作用だけでなく,弛緩作用,前向性健忘反跳性不眠?依存性などの種々の有害作用を惹起する.また,誘発される睡眠は,鎮静型睡眠?と呼ばれ自然睡眠とは異なる.*2

*12つのシグナル物質の使い分けによる正反対の神経制御 | 理化学研究所: http://www.riken.jp/pr/press/2015/20151218_2/
*2不眠症治療薬とQOL:MT1/MT2受容体作動薬 ラメルテオンの研究開発 宮本政臣: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/131/1/131_1_16/_pdf

GABAA受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-08-07 (水) 11:05:04