GFAP(glial fibrillary acidic protein)

アストロサイトに選択的に発現する、中間径フィラメントを形成する線維の構成タンパク質アレキサンダー病?原因遺伝子グリア線維性酸性タンパク質とも。*1

GFAPの発現が異常に活性化すると、アストロサイト反応性アストロサイトアストログリオーシスと呼ばれる状態になる。

大脳皮質においてGFAP陽性細胞は主に表層である分子層および血管周囲に認められる。虚血後は発現が徐々に強まる。1日後から脳梗塞周辺部に沿ってGFAP陽性細胞が強く認められはじめ、2〜4日ではその発現量とアストログリアの形態的な変化も生じる。*2

*1難治性神経変性疾患「アレキサンダー病」の原因分子を発見 - 生理学研究所: https://www.nips.ac.jp/release/2018/02/post_360.html
*2アストログリアにおける細胞容積感受性チャネルの役割 塩田清二 中町智哉 鈴木隆介 大滝博和(昭和大学医学部・第一解剖学)坪川宏 岡田泰伸: http://www.nips.ac.jp/research/collabo/planned/result/2004/

GFAPに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-06-05 (水) 09:51:12