GLP-1(glucagon-like peptide-1)

食事の際に小腸下部の粘膜上皮L細胞から分泌されるホルモン延髄孤束核にも存在が確認されている。インクレチンのひとつ。グルカゴン様ペプチド-1とも。*1*2

摂食(食欲)抑制作用やα細胞からのグルカゴン分泌抑制作用、排出遅延作用などを持つ。

GLP-1がGLP-1の受容体に結合すると、細胞内のcAMPを上昇させる。β細胞cAMPが上昇するとインスリンの合成が促進され、その細胞外への分泌が増加する。これによって食後の血糖の上昇を抑える効果がある。GLP-1はDPP-4によって1~2分で不活化される。*3

GLP-1の受容体は、β細胞の他にも末梢および中枢神経系視床下部POMC/CARTニューロンなど)や心臓血管系、腎臓消化管粘膜細胞などにも存在する。

*1九州大学 骨が全身の代謝を改善 オステオカルシンによるインスリン分泌の新しい経路を発見: https://www.kyushu-u.ac.jp/f/1213/2013_02_21_3.pdf
*2中枢性摂食調節機構について 空腹・満腹のメカニズム 太田一樹(管理栄養学科・教授): https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170530175924.pdf?id=ART0009880616
*3糖尿病用薬剤 必要な薬剤と不要な薬剤 NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)浜六郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jln/26/1/26_59/_pdf

GLP-1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-03 (月) 09:19:03