健康用語WEB事典

GRK1(G protein-coupled receptor kinase 1)

Gタンパク質共役受容体キナーゼのひとつ。

GRK1 は GRK の原型で,ロドプシンキナーゼとも呼ばれる.網膜に存在し,光刺激で活性化されたロドプシンによって活性化され,ロドプシンリン酸化する.光を吸収して,異性化したレチナールアゴニストの役割をする.リン酸化されたロドプシンアレスチン(現在の名称はアレスチン1?)が結合してロドプシンを不活化する.*1

*1学習院大学 理学部 生命科学科 芳賀達也 Gタンパク質共役受容体キナーゼ(GRK): https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/136/4/136_4_215/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


GRK1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:15