健康用語WEB事典

HHV-6B(human herpesvirus 6B)

ヒトヘルペスウイルス6型HHV-6)のひとつ。

幼児期感染して突発性発疹を引き起こし、その後もヒトの体内に潜伏感染し続け、免疫が抑制された際に活性化して脳炎肺炎の原因となる。*1

*1神戸大学大学院医学研究科・臨床ウイルス学 森研究室 研究内容: https://www.med.kobe-u.ac.jp/virol/research.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


HHV-6Bに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-08 (金) 10:03:31