HLA-G(human leukocyte antigen G)

胎盤胸腺腫瘍細胞などに特異的に発現する、非古典的クラスⅠ分子クラスIb分子)に属するHLA

胎児が母体の免疫を逃れるためにHLA-Gを発現して免疫抑制を誘導していることや、制御性T細胞がHLA-Gを発現して免疫を抑制していることが報告されている。*1

*1免疫系表面受容体を介した細胞間コミュニケーション|研究概要|北海道大学薬学研究院/生体分子機能学研究室: http://convallaria.pharm.hokudai.ac.jp/bunshi/research_02.html

HLA-Gに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-06 (土) 09:35:46