健康用語WEB事典

HSP90(heat shock protein 90)

熱ショックタンパク質のひとつ。細胞内における主要な分子シャペロン

細胞へのストレス発現量が増大するが、通常でも細胞質に最も多く存在するタンパク質とされる。他の分子シャペロンCDC37?FKBP52?)と協調しながらATP依存的に働く。*1

樹状細胞のHSP90が欠損・阻害されると、エンドソーム中に存在する抗原細胞質へ移動しなくなるため、樹状細胞キラーT細胞抗原を提示するために必須であることが確認されている。*2

HSP90の機能を阻害すると、染色体分離の異常が引き起こされ異数体が高頻度で生じることが報告されている。*3

*1分子シャペロンHSP90をターゲットとする抗癌薬の開発と作用機序: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/121/1/121_1_33/_article/-char/ja/
*2岡山大学 タンパク質の折り畳みを助ける「Hsp90」が免疫機構でも機能を発揮 樹状細胞ががんやウイルス抗原を取り込み、抗原提示する仕組みを解明: https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/soumu-pdf/press23/press-110916.pdf
*3岡山大学 システム細胞学研究室 Hsp90ストレスは異数性を誘導し、細胞の急速な適応を可能にする。: http://tenure5.vbl.okayama-u.ac.jp/HM_blog/?p=495

ご意見・ご要望をお聞かせください。


HSP90に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-10-12 (金) 09:07:55