IL-15(interleukin-15)

インターロイキンのひとつ。運動によって分泌量が増加する。

特に運動直後の筋肉から産生され、オートクリン的及びパラクリン的な作用を有するマイオカインである。*1

骨格筋に蓄積される。内臓脂肪の減少させる作用を持つ。*2

*1サルコペニアにおける骨格筋ミトコンドリア機能と Myokine の意義 杉本研: https://www.jstage.jst.go.jp/article/geriatrics/49/2/49_199/_pdf
*2広島女学院大学論集 運動負荷とエネルギー代謝調節機構: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hju/detail/1018420120316093504

IL-15に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:21