IL-31(interleukin 31)

インターロイキンのひとつ。主にヘルパーT細胞Th2細胞)から産生され、痒疹アトピー性皮膚炎における痒みの原因となる。DOCK8によってその産生が抑制される。*1*2

受容体脊髄後根神経節に高発現する。IL-31が痒みを伝達する際にはニューロキニンBが必要であることが報告されている。*3

また、過剰な発現脱毛にも関わり、これは毛周期に関わる毛器官形成シグナル伝達因子によって調節される。*4

*1アトピー性皮膚炎発症に関わる痒み物質の産生に重要なタンパク質を発見 新しい痒み治療薬の開発に期待: http://www.kyushu-u.ac.jp/f/29593/17_01_10.pdf
*2「第 66 回日本皮膚科学会中部支部学術大会② 教育講演1 痒疹:便利だが曖昧な診断名と治療抵抗性」 浜松医科大学 皮膚科 教授 戸倉新樹: http://medical.radionikkei.jp/maruho_hifuka/maruho_hifuka_pdf/maruho_hifuka-160512.pdf
*3アトピー性皮膚炎の痒みを脳に伝えるために必要な物質を発見 痒みをコントロールする治療薬の開発に期待: https://www.kyushu-u.ac.jp/f/36791/19_08_16_1.pdf
*4KAKEN — 研究課題をさがす | インターロイキン31による脱毛と掻痒誘発機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-19591329): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19591329/

IL-31に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-09-12 (木) 08:41:03