IL-6(interleukin-6)

病原体の排除や創傷治癒の役割を果たすインターロイキン。過剰または持続的な産生は炎症性疾患の発症や進展に関与することが知られている。当初はBSF-2と呼ばれた。*1

T細胞B細胞単球マクロファージ滑膜線維芽細胞などから分泌され、B細胞形質細胞への分化やその抗体産生の促進、T細胞造血幹細胞の増殖に関わる。メサンギウム細胞ケラチノサイトの増殖因子でもある。関節リウマチにおけるパンヌスの形成では、B細胞から分泌されるIL-6が原因となる。*2*3*4

感染などによる炎症後に産生され、肝臓に作用して血液中にCRPなどの急性期タンパク質発現する。*5

がん細胞の増殖やがん悪液質の発生にも関わるとされる。*6

また、骨格筋の収縮(運動)によって分泌される。運動中にはIL-6の血中濃度は安静時の約100倍となる。

IL-6はAMPKリン酸化で活性化することによって、骨格筋において、以下のようにの使用を抑えて脂肪酸の利用を促進する。

  1. アセチルCoAカルボキシラーゼが減少するので、マロニルCoAの生成も減る。
  2. マロニルCoAが抑制しているCPT1の抑制が取れ、アシルCoAミトコンドリア内への移行が増える。
  3. β酸化が促進され脂肪酸の消費が増える。

また、肝臓ではグルコースの生成を増やし、脂肪細胞では中性脂肪の分解を促進する。運動の習慣を持つ人は、骨格筋にIL-6の受容体が多くなり、IL-6の作用を受けやすい体となることが知られている。*7

IL-6の受容体には膜結合型と可溶型があり、いずれもIL-6と複合体を形成した後、細胞上のgp130に結合して細胞内へとシグナルを伝える。*8

*1炎症性疾患に対する IL-6 阻害療法:現状と今後の展開 田中敏郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/38/6/38_433/_pdf
*2サイトカインについて: http://www.microbio.med.saga-u.ac.jp/Lecture/kohashi3/part1/cytokine.html
*3技術評論社 奈良信雄 知りたいサイエンス とっても気になる血液の科学(2010/1/5)
*4関節リウマチ|大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学: http://www.imed3.med.osaka-u.ac.jp/disease/d-immu02-1.html
*5新たに判明 がんの転移を促進するメカニズム - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2011/20120323_01.html
*6東邦出版 星野泰三 吉田朋子 共著 がんのプレシジョン免疫学(2017/8/21)
*7広島女学院大学論集 運動負荷とエネルギー代謝調節機構: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hju/detail/1018420120316093504
*8リウマチ性疾患における分子標的治療 若林宏 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/52936/20160705104522143442/126_227.pdf

IL-6に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-15 (水) 09:31:58