IL-6受容体(interleukin-6 receptor)

IL-6リガンドとする受容体IL-6との結合はgp130ホモ二量体形成を惹起し、JAK-STAT3系、Ras-MAPK系、PI3K-Akt系を活性化し、細胞核へのシグナル伝達を誘導する。*1

膜貫通型と可溶型が存在する。膜貫通型は肝細胞白血球などの一部の細胞にのみに発現する。可溶型は血液組織液に存在し、ほとんどの細胞発現しているgp130を活性化する。

*1炎症性疾患に対する IL-6 阻害療法:現状と今後の展開 田中敏郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/38/6/38_433/_pdf

IL-6受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-15 (水) 11:18:59