健康用語WEB事典

IP-10(interferon inducible protein 10)

Th1細胞が産生するケモカインのひとつ。単球や活性化T細胞NK細胞発現するCXCR3リガンドであり、これらを引き寄せる作用を持つ。

悪性腫瘍(特に造血器腫瘍)ではホジキン病多発性骨髄腫にIP-10の発現が報告され、その機能としては抗アポトーシス効果や浸潤亢進に関与することが報告されている。*1

円形脱毛症では毛包周囲に炎症細胞浸潤が起こりIP-10発現が亢進していることが報告されている。*2

*1鼻性NK/T細胞リンパ腫におけるIP-10の産生とそのオートクライン機序による浸潤因子としての役割: http://www.asahikawa-med.ac.jp/dept/mc/oto/contents/gakui_yoshi/100325_moriai_s.pdf
*2浜松医科大学皮膚科学講座:研究: http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/derm/research/index.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


IP-10に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-02 (木) 12:41:11