IgM(Immunoglobulin M)

抗体免疫グロブリン)のクラスのひとつ。抗体全体の約10%を占める。5つの抗体が結合した五量体。B細胞が最初に作る抗体であり、IgMが作られた後にIgGが作られる。*1*2*3

リンパ節脾臓骨髄などで産生され、血液リンパ液によって身体全体に運ばれる。

進化的に最も早く出現した抗体であり、作られる量は少ないが、素早く異物に対応できる。*4

*1西東社 カラー図解 免疫学の基本がわかる事典 鈴木隆二(2015/6/3): https://amzn.to/2SW7bg
*2大阪大学 微生物病研究所 -病気のバイオサイエンス-: http://www.biken.osaka-u.ac.jp/biken/BioScience/page15/index_15.html
*3技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)
*4技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25

IgMに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2019-04-17 (水) 14:52:37