健康用語WEB事典

JAB1(c-Jun activation domain-binding protein-1)

ユビキチン化酵素(E3)の活性抑制に関わるタンパク質CSN5とも。*1

転写翻訳後修飾NEDD8?化)を介してインターフェロンの機能を調節する。

c-Jun以外にもp27p53など細胞内の増殖シグナル経路にかかわる因子と結合し、その安定性を調節する。Jab1は各種がん細胞組織発現が高く、がん細胞の増殖促進や生存の維持に重要であることが確認されている。*2

*1北海道大学 抗ウイルス因子インターフェロンの新たな活性制御メカニズムを解明: https://www.hokudai.ac.jp/news/131009_pr_pharm.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | Jab1によるCDKインヒビターp27の分解制御 (KAKENHI-PROJECT-12480216): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-12480216/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


JAB1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-24 (火) 12:34:45