健康用語WEB事典

JAK(janus activating kinase)

サイトカイン細胞内シグナル伝達に関わるチロシンキナーゼファミリーヤヌスキナーゼとも。*1*2*3

サイトカインの結合によってJAK自体のリン酸化と共に、それに対応するSTATリン酸化され、リン酸化を受けたSTAT分子二量体を形成して細胞核内に移行することで、サイトカインに反応する遺伝子群の転写を亢進する。

以下の種類が知られている。リウマチがんの治療にはこれらを標的とするものがある。*4

*1関節リウマチの内科的治療(分子標的治療:Bio&JAK阻害)|KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000715.html
*2研究概要 - 北海道大学大学院 薬学研究院 衛生化学研究室: http://www.pharm.hokudai.ac.jp/eisei/research/study3-4.html
*3低分子免疫抑制薬としてのJAK阻害薬の創成 JAK-STAT シグナル制御とモニタリング 東康之: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/144/4/144_160/_pdf
*4東京女子医科大学 膠原病リウマチ痛風センター 抗リウマチ薬: http://www.twmu.ac.jp/IOR/diagnosis/ra/medication/dmards.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


JAKに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-11 (月) 08:53:51