健康用語WEB事典

KGチャネル(G protein-gated potassium channel)

神経心筋内分泌細胞において、それぞれ種々のリガンドによる抑制性シナプス後電位の形成、心臓徐脈分泌抑制を担うカリウムチャネルGタンパク質制御内向き整流性カリウムチャネル*1*2

アゴニストによって刺激されたGタンパク質共役型受容体Gタンパク質から解離するサブユニットであるGβγによって活性化される。

Kir3.1?Kir3.4?の4種のサブユニットによって構成され、これらの組み合わせは組織細胞によって異なる。特に神経系ではKir3.4?を除く3種類の顕著な発現が認められる。オピオイド鎮痛薬の作用機序の一部にKGチャネル活性が関与することが多く報告されている。*3

TSH分泌細胞にはKir3.1?Kir3.4?分泌顆粒上に局在している。

*1大阪大学大学院 医学系研究科 薬理学講座 分子・細胞薬理学教室 倉智嘉久 カリウムチャネル機能制御: http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/pharma2/research/summary/summary/regulation.html
*2大阪大学大学院医学系研究科・教授 倉智嘉久 G蛋白質によるカリウム・チャネルの開閉調節: https://www.jsps.go.jp/j-rftf/saishu_hyouka_08/02_life/p_pdf/l_03-02.pdf
*3神経ATP感受性K+チャネルと慢性疼痛の病態機序 高知大学教育研究部医療学系臨床医学部門麻酔科学講座 河野崇 横山正尚: http://jpps.umin.jp/issue/magazine/pdf/0401_02.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


KGチャネルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-13 (金) 08:43:43