健康用語WEB事典

L鎖(light chain)

免疫グロブリンのY字の腕の部分に左右一つずつ存在する部位。H鎖と共に抗原結合部位を形成する。*1

110個のアミノ酸残基のまとまり2つから構成されるポリペプチド鎖。N末端寄りの部位にはV領域(L鎖のV領域なので VL と表記される)がある。*2

C末端側にはC領域CL?)が存在する。

L鎖は2つの遺伝子群(??)の組み合わせによって様々な抗原に対応するための多様性を持つ。?遺伝子群は200〜300個、?遺伝子群は5個の遺伝子が存在する。*3

*1技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)
*2オーム社 絵とき 免疫学の知識 垣内史堂
*3触媒機能を有する抗体タンパク質 大阪府立大学大学院理学系研究科 助手 円谷健: http://www.b.s.osakafu-u.ac.jp/~fujii/oldsite/staff/tsumuraya/cat_antibody.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


L鎖に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-10-10 (水) 09:10:34