健康用語WEB事典

L-フィコリン(L-ficolin)

1996年にヒト血漿から得られたフィコリンP35とも。主に肝臓で産生される。*1

糖鎖認識ドメインCRD?)をもたないレクチン

グラム陽性細菌細胞壁成分であるリポタイコ酸に特異的に結合する。

*1パターン認識分子としてのフィコリン 福島県立医科大学免疫学講座 藤田禎三 遠藤雄一: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsb/63/2/63_2_399/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


L-フィコリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-09-10 (月) 15:50:11