LECT2(leukocyte derived chemotaxin 2)

ヘパトカインのひとつ。好中球を活性化する因子として同定された。

肥満のヒトにおいて過剰に産生され、血液に多く分泌されている。過剰に産生されたLECT2は骨格筋インスリン抵抗性を誘導し、血糖値を上昇させることが報告されている。*1

*1金沢大学 食べ過ぎを感知するホルモンを肝臓が作っていた! 肥満で血糖値があがる新しい仕組みを解明: https://www.kanazawa-u.ac.jp/wp-content/uploads/2015/02/140130.pdf

LECT2に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-03 (月) 06:49:18