LRRK1(leucine-rich repeat kinase 1)

ロイシンリッチリピートキナーゼLRRK)のひとつ。

EGFRエンドソーム間の小胞輸送ESCRTEGFRの相互作用に関わる。

LRRK1はEGFR早期エンドソームから後期エンドソームへの輸送を調節しており、またEGFを含む早期エンドソームの移動をキナーゼ活性依存的に調節する。さらに、LRRK1はESCRT(endosomal sorting complex required for transport)–O複合体とEGFRとの相互作用を促進する足場ともなっていて、これによりEGFRが効率よく選択されて多胞性エンドソームである MVB(multivesicular body)の内部小胞に取り込まれるようになる。*1

*1ロイシンリッチリピートキナーゼLRRK1はEGF受容体のエンドソーム間の輸送を調節している | おすすめのコンテンツ | Nature Communications | Nature Research: http://www.natureasia.com/ja-jp/ncomms/abstracts/35011

LRRK1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:26