健康用語WEB事典

Mタンパク質(M protein)

細菌のMタンパク質

連鎖球菌細胞壁に存在する抗原性を持つタンパク質上皮への定着に関わるとされる。*1

抗体のMタンパク質

モノクローナル抗体免疫グロブリン)のこと。B細胞腫瘍骨髄腫細胞)によって増加する。*2*3*4

異物の排除能力が低下しており、これが増えると多発性骨髄腫となる。

*1微生物学講義録 前国立感染症研究所長 吉倉廣 第19章 グラム陽性菌: http://plaza.umin.ac.jp/~jsv/microbiology/main_019.htm
*2順天堂大学医学部附属浦安病院 多発性骨髄腫(multiple myeloma : MM) : http://www.hosp-urayasu.juntendo.ac.jp/library/medicalcare/internal_medicine2/hematology/deta/disease_case06_2014.pdf
*3多発性骨髄腫 - 金沢医科大学病院 - Kanazawa Medical University Hospital -: http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hospital/post-40.html
*4多発性骨髄腫(multiple myeloma : MM): http://www.hosp-urayasu.juntendo.ac.jp/library/medicalcare/internal_medicine2/hematology/deta/disease_case06_2014.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


Mタンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-11-03 (土) 18:36:46