健康用語WEB事典

MCDペプチド(mast cell degranulating peptide)

ハチ毒に含まれるポリペプチドのひとつ。 22個のアミノ酸残基からなる塩基性ポリペプチド

肥満細胞マスト細胞)に脱顆粒させる作用を持つ。*1

*1ハチ毒MCDペプチドによるシナプス伝達効率長期増強作用: https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophys1961/30/1/30_1_22/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


MCDペプチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-07-29 (日) 10:37:25