健康用語WEB事典

MDMA(3,4-methylenedioxy-methamphetamine)

摂取が禁止されている麻薬の成分となる依存症を引き起こす有機化合物3,4-メチレンジオキシアンフェタミンの略称。

MDMAの化学構造

視覚聴覚を変化を引き起こす。また、乱用によって不安不眠食欲減退、抑うつ、錯乱状態、記憶や集中力などの機能障害などが起こる。大量に使用すると高熱横紋筋融解症DICなどを呈し、死亡することがある。*1*2*3

内のセロトニンドーパミンを顕著に増加させる。MDMAによる体温上昇はリスペリドンによって抑制される。

*1玉川大学 学生要覧Webサイト 麻薬・覚せい剤など: http://www.tamagawa.ac.jp/student_guidebook/2016/pdf/02/091-093.pdf
*2DrugFacts: MDMA (Ecstasy/Molly) | National Institute on Drug Abuse (NIDA): https://www.drugabuse.gov/publications/drugfacts/mdma-ecstasymolly
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 依存性薬剤MDMAが脳内神経伝達物質に及ぼす作用の解明とその中毒状態の治療の開発 (KAKENHI-PROJECT-16591157): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16591157/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


MDMAに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileMDMA.png 閲覧数 196回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-08-14 (火) 12:00:47