健康用語WEB事典

MHC拘束性(MHC restriction)

T細胞T細胞抗原受容体TCR)は抗原を単独では認識できず、同時にMHCがあって初めて抗原も認識できるという性質。

ロルフ・ツィンカーナーゲル(Rolf Zinkernagel)とピート・ドハーティ(Peter Doherty)によって発見され、この発見の功績により彼らは1996年のノーベル医学生理学賞を受賞した。*1

1974年、彼らはマウスにリンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス感染させて誘導したキラーT細胞が、たとえ同じウイルス感染していても自分と違うMHC系統のマウス由来の細胞は殺すことができないと言うことを見つけた。つまり、TCR抗原単独では認識できず、同時にMHC があって初めて抗原も認識でき、さらにそれが自己の細胞かどうかを区別しているのである。*2

*1Physiology or Medicine 1996 - Press Release: https://www.nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/1996/press.html
*2筑波大学 人間総合科学研究科 分子情報・生体統御医学専攻 免疫学研究室 癌から学ぶ免疫学の基本原理: http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/immunology/hitome4.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


MHC拘束性に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-11 (土) 08:22:25