健康用語WEB事典

MT1-MMP

がんに高発現するMT-MMP。自身が細胞外基質を分解する他、ゼラチナーゼAを活性化する作用を持つ。*1

MT-MMPの中でも膜型マトリックスメタロプロテアーゼ1(MT1-MMP)は、多くの腫瘍細胞膜に過剰発現しており、細胞外基質の構成成分であるⅠ型コラーゲンの主要な分解酵素であること、がん浸潤に寄与する遊離型MMPMMP-2MMP-13)を活性化すること、シグナル伝達経路の刺激により腫瘍細胞遊走を促進することから、MT1-MMPの発現量は多くのがんにおいて、悪性度との相関が示されている。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 細胞浸潤に関わる細胞外マトリックス分解酵素の機能解析 (KAKENHI-PROJECT-10163217): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-10163217/
*2近藤直哉 がんにおける膜型マトリックスメタロプロテアーゼ1のインビボ機能解析を目的とした核医学分子イメージングプローブ開発に関する研究: https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/199493/2/gykkk00035.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


MT1-MMPに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-09-24 (火) 08:16:22