Met

肝細胞増殖因子リガンドとする受容体型チロシンキナーゼc-Metとも。*1

ピロリ菌分泌するCagAはMetと結合してPI3K/Akt経路を活性化することにより、β-カテニンおよびNF-κBの活性化など胃がん発症に関わる細胞増殖と炎症促進のシグナルを引き起こす。*2

*1海津正賢 Structural basis of HGF-Met signaling: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsth/27/1/27_77/_article/-char/en
*2ピロリ菌の病原因子CagAによる胃がん発症の新規メカニズムを発見(ピロリ菌感染症の治療薬開発に期待): http://www.jst.go.jp/pr/announce/20090122-2/index.html

Metに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-12-26 (水) 09:01:26