健康用語WEB事典

N-アセチルノイラミン酸(N-acetylneuraminic acid : Neu5Ac)

シアル酸を構成するノイラミン酸誘導体のひとつ。

N-アセチルノイラミン酸の化学構造

全てのシアル酸種で最も普遍的であり、オリゴ糖糖タンパク質糖脂質の成分として広く動物に存在する。*1

N-グリコリルノイラミン酸前駆体となる。

*1CiNii 論文 -  N-アセチルノイラミン酸およびN-アセチル-D-マンノサミンの簡易大量製造法: https://www.jstage.jst.go.jp/article/tigg1989/18/102/18_102_245/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


N-アセチルノイラミン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileN-acetylneuraminic_acid.png 閲覧数 339回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-02-01 (木) 18:44:59