健康用語WEB事典

N-ミリストイル化(N-myristoylation)

脂質修飾のひとつ。アシル化の一種。主にN末端グリシン残基に起きるタンパク質合成(翻訳)と同時に起きるアミド結合を介した不可逆的な翻訳後修飾タンパク質細胞膜へ繋ぎ止める膜アンカーとして働き、主として細胞情報伝達に関わる。*1

srcの発がん性にはN-ミリストイル化が必須であることが知られている。

*1N-ミリストイル化タンパク質が担う多彩な生命現象 細胞情報伝達から疾患誘導まで 内海俊彦 守屋康子: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/54/7/54_484/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


N-ミリストイル化に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-20 (木) 17:59:39