N2-エチル-2'-デオキシグアノシン(N2-ethyl-2'-deoxyguanosine : N2-Et-dG)

DNAアセトアルデヒドによるDNA付加体

2型アルデヒド脱水素酵素ALDH2)が欠損している場合に多くなることが確認されており、アルコール飲料の代謝によって生じたアセトアルデヒドが発がんに関わっていることが示唆されている。*1

*1KAKEN — 研究課題をさがす | アルコールによる発癌の分子メカニズム (KAKENHI-PROJECT-15681002): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15681002/

N2-エチル-2'-デオキシグアノシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:32