健康用語WEB事典

NADP(nicotinamide adenine dinucleotide phosphate)

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸。NAD(P)+ のように表記される場合もある。水素原子が付いた還元型はNADPH

化学構造的にはNADリン酸基が一つ増えただけの違いであるが、酸化還元反応触媒する酵素はこれらを区別するため共用できない。*1

NADPはNADリン酸の結合したものである。還元型のNADPは五炭糖リン酸サイクルで合成され、脂肪酸コレステロールの合成およびグルクロン酸回路代謝系に必要な物質である。*2

*1兵庫医療大学 グルコース以外の六炭糖の代謝とペントースリン酸回路: http://www2.huhs.ac.jp/~h990002t/resources/downloard/15/15biochem3/03sugarcatabolism_2_15.pdf
*2栄養学で用いられる借用語について(その3)坂田美和 池添博彦: http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20171115082957.pdf?id=ART0010003428

ご意見・ご要望をお聞かせください。


NADPに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-06-08 (金) 15:26:08