NASH(non-alcoholic steatohepatitis)

悪化する可能性が高い非アルコール性脂肪性肝疾患NAFLD)のひとつ。非アルコール性脂肪性肝炎

肝臓脂肪化に伴い炎症を起こし線維化が進行するもの。ナッシュと呼ばれる。

肝硬変肝細胞を引き起こす可能性がある。*1

この疾患に特異的なマクロファージの出現と、それが形成するCLSが発症に関わることが報告されている。*2

NAFLDは進行せず良性の経過をたどる単純性脂肪肝肝硬変肝癌へと進行する可能性のある非アルコール性脂肪肝炎 (nonalcoholic steatohepatitis : NASH)(ナッシュと呼びます)が存在します。NASHは国内に約100〜200万人も存在すると推定されています。*3

非アルコール性脂肪性肝疾患NAFLD:non-alcoholic fatty liver disease)はメタボリックシンドローム肝臓における表現型と考えられており、最も進行性の NASH(non-alcoholic steatohepatitis)は肝臓炎症線維化を伴ってしばしば肝硬変症や肝細胞を発症するため治療介入が必要です。しかしながら、NASH の発症機構には不明な点が多く、NASH に対する確立された治療法がないことが大きな問題となっています。 *4

*1非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)・非アルコール性脂肪肝炎(NASH)について « 肝疾患診療相談センター[愛媛大学医学部附属病院]: http://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/liver/?page_id=140
*2「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の新たな病態メカニズムの解明」短期間でNASHを発症する疾患モデルの開発を通して: http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20171116_1.pdf
*3非アルコール性脂肪肝炎とは (NASH) - 市立奈良病院: http://www.nara-jadecom.jp/img/images/clinic/section03/0411nash.pdf
*4既存の薬剤が非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に有効であることをマウスにおいて確認: http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20170317.pdf

NASHに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-16 (日) 10:28:41