健康用語WEB事典

NCAM(neural cell adhesion molecule)

神経系細胞発現する細胞接着分子糖タンパク質)。神経細胞接着分子とも。

シナプス形成や、細胞細胞外基質間接着による形態形成などに重要な役割を担っている。細胞外の免疫グロブリンドメインと接着する。スプライシングの違いによる3種類のアイソフォームが存在する。*1

肝臓肝前駆細胞?星細胞にも発現し、その働きに関与する。ポリシアル酸によって接着が抑制される。*2*3

*1岐阜大学工学部 生命情報工学第2講座 林あずさ ヒト血清を用いた疾患マーカー分子の探索: https://www1.gifu-u.ac.jp/~xyosida/sotsuken-data/06%E5%8D%92%E8%AB%96Hayashi.pdf
*2Polysialic acid/neural cell adhesion molecule modulates the formation of ductular reactions in liver injury Atsunori Tsuchiya, Wei-Yu Lu, Birgit Weinhold, Luke Boulter, Benjamin M. Stutchfield, Michael J. Williams, Rachel V. Guest, Sarah E. Minnis-Lyons, Alison C. MacKinnon, David Schwarzer, Takafumi Ichida, Minoru Nomoto, Yutaka Aoyagi, Rita Gerardy-Schahn and Stuart J. Forbes.: https://www.med.niigata-u.ac.jp/in3/about/pdf/Polysialic_acid.pdf
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 肝星細胞活性化に指標としての神経細胞接着分子発現と肝病態における意義 (KAKENHI-PROJECT-08670029): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-08670029/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


NCAMに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-05-24 (金) 19:30:52