NF-κB(nuclear factor-kappa B)

転写因子のひとつ。リウマチなどの自己免疫疾患アレルギーがんなどの疾患に関わるとされる。

Toll様受容体TNF受容体スーパーファミリーを介したシグナルによって活性化し、IL-1βIL-18前駆体NLRP3発現量を高める。*1

活性化前のマクロファージでは不活性型であるが、Toll様受容体を介してリン酸化カスケードが誘導され、これによって活性型へと変化して細胞核内に移行する。その後、特定の遺伝子に直接作用して転写を活性化することでマクロファージの機能が発揮できるようになる。*2

NF-κBは1986年に、David BaltimoreらによりB細胞で選択的に発現する免疫グロブリンのκ軽鎖のエンハンサーに結合する転写因子として同定されました。NF-κBは免疫応答細胞の生存など多彩な生命現象に関与しており、リウマチアレルギー疾患、がんなどでその活性が亢進していることから、2013年3月現在、Pubmedで50,000以上の論文が検索されるように、非常にextensiveに研究されている転写因子です。*3

*1NLRP3インフラマソームと痛風関節炎 三澤拓馬 齊藤達哉 審良静男: https://www.jstage.jst.go.jp/article/gnam/39/1/39_1/_article/-char/ja/
*2エッセンシャル免疫学 第2版|MEDSi メディカル・サイエンス・インターナショナル: http://www.medsi.co.jp/e-meneki2/
*3NF-κBについて | 京都大学大学院 医学研究科 細胞機能制御学: http://mcp.med.kyoto-u.ac.jp/research/nf-about/

NF-κBに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-17 (金) 19:01:02