NK細胞(natural killer cell)

ナチュラルキラー細胞血液中を巡るリンパ球のひとつ。細胞変性したMHCや膜上の抗原を認識して攻撃する免疫細胞β-エンドルフィン受容体細胞傷害顆粒を持つ。IFN-γを産生する。*1

抗原を特異的に認識することはできず、自然免疫系に属する。HLAHLA-C?)を認識して、自己の細胞を攻撃しないように制御されている。*2

KARを介して標的細胞上に発現する糖鎖などのリガンドを認識することにより活性化され、細胞傷害活性を発現する。抗腫瘍免疫の主体であり、T細胞のように事前の感作無しにがん細胞ウイルス感染細胞を認識してこれらを排除する。*3

KIR発現し、これは標的細胞上のMHCクラスⅠ分子に結合してNK細胞の細胞傷害活性を抑制する。

ナチュラルキラー細胞(以下、NK細胞)は、主に血液中に含まれるリンパ球の一種であり、がん細胞微生物感染した細胞に対して、T細胞とは異なった原理で、速やかに細胞傷害活性を発揮することで、我々の身体をがん感染症から守っています。*4

運動の強度に応じてその活性が高まる。また、乳酸菌β-グルカンにはNK細胞の活性を高める効果があるとされる。*5

白血球のなかで最も運動に対する反応が大きく,運動中は血液中の細胞数(濃度)が著しく増加する。増加は運動時間よりも運動強度に依存する。*6

*1熊本大学大学院生命科学研究部・教育部 蛋白質・核酸・酵素 T細胞に抗原を認識させる主要組織適合抗原の構造と機能: http://srv02.medic.kumamoto-u.ac.jp/dept/immunoge/frame/PNE.pdf
*2技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*3川崎医科大学衛生学 アスベスト曝露と細胞傷害性顆粒: https://i.kawasaki-m.ac.jp/jsce/170827-26-1/26-1-31-37.pdf
*4ナチュラルキラー細胞を主成分とする新しい細胞製剤による、難治性悪性腫瘍に対する免疫細胞療法の安全性に関する臨床試験を開始: https://www.kyushu-u.ac.jp/f/2887/%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%BC%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%82%92%E4%B8%BB%E6%88%90%E5%88%86%E3%81%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E7%B4%B0%E8%83%9E%E8%A3%BD%E5%89%A4%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%80%81%E9%9B%A3%E6%B2%BB%E6%80%A7%E6%82%AA%E6%80%A7%E8%85%AB%E7%98%8D%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%B4%B0%E8%83%9E%E7%99%82%E6%B3%95%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%80%A7%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%87%A8%E5%BA%8A%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%82%92%E9%96%8B%E5%A7%8B.pdf
*5【がん治療センター】 市民公開講座 順天堂医院 第15回市民公開講座 質疑応答「講演1:免疫と長生き」: http://www.juntendo.ac.jp/hospital/cancer/lecture/kouza_15_2_1.html
*6白血球と運動: http://www.isc.meiji.ac.jp/~suzui/immunology/leuko/leuko.2html

NK細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-12-01 (日) 10:33:43