NPC/N比(non protein calorie / nitorogen ratio)

タンパク質アミノ酸)から得られた窒素を効率よく生体タンパク質生合成に利用するために、摂取した窒素1gに対して必要となる非タンパク質性(脂質および糖質)のエネルギー。単位はkcal/g *1

摂取したタンパク質をエネルギー源としてではなく、身体内で必要なタンパク質の合成のために使わせたい時に考慮する必要がある。

タンパク質に含まれる窒素量の平均は16%であり、窒素1gは 100 ÷ 16 = 6.25g のタンパク質に相当する(窒素係数)。一般的なNPC/N比は150~200、腎不全時には300~500。

アミノ酸は消費されると 4kcal/g の熱量を産生するが、投与されたアミノ酸を有効に利用するためには、糖質脂質由来のエネルギー量とアミノ酸量(窒素量)のバランスを適正にする必要がある。バランスは、NPC/N(非蛋白熱量/窒素量)として表され、一般で 150~200、重症感染症などでは 100、不全では 300~500 となる。*2

*1西神戸支部臨床栄養勉強会 第3回 「必要エネルギーの算出 ~糖質・アミノ酸・脂質~」兵庫県立こども病院 辻本勉: http://plaza.umin.ac.jp/~hhpseiko/100311T.pdf
*2平成25年度 大阪大谷大学 実務前実習テキスト 輸液と経腸栄養剤: http://www3.osaka-ohtani.ac.jp/ph/pre_jitumu/pdf/1-5.pdf

NPC/N比に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-24 (金) 14:18:26