健康用語WEB事典

OTX2(orthodenticle homeobox 2)

ホメオタンパク質のひとつ。初期発生においての形成に関わり、欠損すると全体が失われる。ドーパミン作動性細胞の発達や維持に関与し、扁桃体基底外側核前側核?における機能分子発現に影響する。*1

前脳中脳松果体神経網膜網膜色素上皮などの組織における発現が報告されている。網膜幹細胞?から視細胞への分化に重要。CRX?の上流遺伝子*2

パルブアルブミンを含む抑制性ニューロンの成熟に関わり、その神経細胞においてアグリカンの量を増加させる作用を持つとされる。*3

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 情動発達におけるOtx2ホメオタンパク質の機能解析 (KAKENHI-PROJECT-15J04599): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15J04599/
*2「Otx2 ホメオボックス遺伝子が網膜視細胞の運命決定と松果体の発生を制御する」 古川貴久(大阪バイオサイエンス研究所・発生生物学部門): http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/molneurobiol/brain/kenkyu15n/kenkyu05.html
*3新潟大学 《コンドロイチンが大脳の柔軟性を制御する》 脳内コンドロイチンによる神経回路の成長促進: https://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2017/10/291003.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


OTX2に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-07 (水) 18:25:24