P2受容体(P2 receptor)

細胞膜発現し、細胞外に存在するATPADPADPUTPUDPなどのヌクレオチドリガンドをとするプリン受容体ファミリー*1*2

ATPADPAMPアデノシンの順に作用しやすいためATP受容体とも。*3

以下の2つのファミリーに分類される。

*1緑内障発症の新たな分子メカニズムを発見 -P2Y6受容体機能低下が眼圧上昇を引き起こす- - 生理学研究所: https://www.nips.ac.jp/sp/release/2017/10/_p2y6.html
*2ミクログリアと神経因性疼痛:エコファーマへの挑戦 九州大学大学院 薬学研究院 薬理学分野 井上和秀: http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/13278/fam99-12_p239.pdf
*3プリン受容体の作用とその薬理学的分類 : モルモット副腎髄質細胞とラット胃輪走筋を用いた研究 : HUSCAP: https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/51476

P2受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-20 (月) 10:43:54