健康用語WEB事典

PAI-1(plasminogen activator inhibitor-1)

プラスミノーゲン活性化因子を特異的かつ即時的に阻害して線溶系の開始段階を制御するタンパク質プラスミノーゲンアクチベーターインヒビター1*1

血管内皮細胞平滑筋細胞血小板などから産生され、血栓形成部位においてtPAを速やかに阻害し、プラスミンの生成を抑制してフィブリン血栓の溶解を阻害する。*2

血液中では活性型、プラスミノーゲンとの複合体、活性のない潜在型などとして存在するが非常に不安定。ビトロネクチンに結合することによって、活性が安定になる。*3

敗血症心血管傷害、動脈硬化性疾患、全身性エリテマトーデス抗リン脂質抗体症候群肥満インスリン抵抗性を示すメタボリックシンドロームなどで活性型PAI-1が高値となり、形成された血栓が溶解されにくくなり臓器障害を来す原因となる。

また、加齢によって血管内皮からの発現が増強される。*4

*1奈良県立医科大学 トータルPAI-1 (tPA・PAI-1複合体): http://www.naramed-u.ac.jp/~lab-h/labo/ichiji-s/%E8%A1%80%E6%B6%B2/2B310%20%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%ABPAI-1(tPA.PAI-1%E8%A4%87%E5%90%88%E4%BD%93)%20plasminogen%20activator%20inhibitor%201.pdf
*2II.各論 実地医家に必要な新しい検査と重要な検査項目 5.血液疾患 2)凝固・線溶系 山﨑雅英 朝倉英策 尾崎由基男: https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=13848&item_no=1&page_id=13&block_id=21
*3Trends in Glycoscience and Glycotechnology ビトロネクチンの構造と機能: https://www.jstage.jst.go.jp/article/tigg1989/8/43/8_43_327/_article/-char/ja/
*4KAKEN — 研究課題をさがす | 線溶阻害因子PAI-1による血管老化促進機構の解析 (KAKENHI-PROJECT-20590881): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20590881/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


PAI-1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-21 (土) 15:28:56