PAT4

アミノ酸トランスポーターのひとつ。がん細胞発現が上昇することが知られている。

マウスの胚性線維芽細胞においてトランスフェリン受容体と共局在を示する。細胞膜細胞内のリサイクリングエンドソームを行き来するだけでなく、その一部は低分子量Gタンパク質Rab12)の作用によってリソソームへと輸送され分解される。*1

*1東北大学大学院生命科学研究科 細胞膜上のアミノ酸トランスポーターを分解する新たな機構を解明 細胞内のアミノ酸量を制御する新たな仕組み: https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20130306_01web.pdf

PAT4に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-12-05 (水) 09:56:03